売掛金の回収方法

商売をしていると、売掛金・買掛金という言葉をよく耳にします。売掛金とは、お金を貸してあげることで、あとで返してもらえる債権を得られます。買掛金とは簡単に言えば負債やツケのことです。後で払わなくてはいけない債務を負います。これらが交わって社会が成り立っていますが、お金を貸した店の業績が悪いと、なかなかお金が返してもらえないことがあります。

貸したお金を自分から返してもらえない時は、債権回収を行います。債権回収とは、貸した債権者が、借りている債務者に対し、お金を取り立てることです。具体的には、電話や郵便で請求書を送ったり、直接返済をお願いするために会社に行くのが一般的ですが、それでも返済してもらえない場合は、連帯保証人など債務者以外から回収する、法的手段をとるなどの方法があります。

法的手段には、裁判所から支払い督促を出してもらう方法や、売掛金が60万円以下の場合に用いられる少額訴訟、それでも返してもらえない場合通常訴訟や仮差押えに踏み切る方法があります。争いごとにしたくないのであれば、調停や即決和解を申し立てることもできます。訴訟は、金額や契約内容でもめていることがある場合に白黒はっきり決着をつけることでもよく使われます。だまされた!といった詐欺などの刑事事件の可能性がある場合は、警察へ被害届を出しましょう。

本サイトでは、売掛金を回収したいときの方法と弁護士に相談した場合についてご紹介します。